Top
SCROLL

東京シティビューでは、名古屋・松坂屋美術館、大分・大分県立美術館での開催に続き、『サンリオ展 ニッポンのカワイイ文化60年史』を開催します。

本展では、2020年で創業60周年を迎えた株式会社サンリオの歴史を辿ると同時に、のちに世界でも注目されることとなる「カワイイ」文化がどのように生まれ、発展していったのか、またその裏にある「サンリオの想い」を、貴重なデザインや商品とともに、深く解説していきます。

カワイイ文化を、サンリオ創業以前の歴史から紐解き、日本が産んだカワイイ文化の成り立ちや、発展についてサンリオ独自の目線で掘り下げていきます。発信側だからこそ明らかにできる、企画意図や苦労話など、本展でしか見ることが出来ないコンテンツを多数展示します。また、企業としてサンリオがどのような戦略でファンシービジネスを築きあげていったのかといったビジネス視点や、「やなせたかし」「水森亜土」「内藤ルネ」など日本を代表するアーティストとサンリオとの関係から、世界的アーティストのレディ・ガガが着用したことで話題を集めた、ハローキティのドレスの再現展示まで、サンリオの魅力を余すことなく体験できる展覧会です。

そして、サンリオがこれまでに制作した 400 以上のキャラクターのうち、ハローキティやマイメロディから、パティ&ジミーまで、懐かしいキャラクターにもスポットを当て、サンリオ史上最大となる800点以上の商品および貴重な原画や資料を展示します。

さらに、日本のKAWAII文化の第一人者であるアーティスト・アートディレクターの増田セバスチャン氏が、本展のために制作したシンボリックアート「Unforgettable Tower」をメインにした空間プロデュースを担当し、東京シティビューならではの景色と融合したダイナミックな空間演出をするほか、国内の新進気鋭アーティストたちとのコラボ作品もご覧いただけます。

また、同フロアにある「Museum Cafe & Restaurant THE SUN & THE MOON」では、カワイイコラボメニューも登場予定!海抜250mの展望台、東京シティビューからの絶景と現代アート作品が融合し、より一層ポップでダイナミックなサンリオワールドをお届けします。お楽しみに!

会場
六本木ヒルズ展望台 東京シティビュー スカイギャラリー
東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー52F
アクセス
東京メトロ日比谷線「六本木駅」1C出口 徒歩3分(コンコースにて直結)
都営地下鉄大江戸線「六本木駅」3出口 徒歩6分
都営地下鉄大江戸線「麻布十番駅」7出口 徒歩9分
東京メトロ南北線 「麻布十番駅」4出口 徒歩12分
東京メトロ千代田線「乃木坂駅」5出口 徒歩10分