INFORMATION

Introduction to the
Pixar Pipeline

CONTENTS

  • ©Michael Malyszko

    モデリング

    デジタルスカルプティングで
    3Dモデルをつくる

    キャラクターデザインはアーティストがスケッチを描き、マケットと呼ばれる粘土模型でキャラクターの特徴を把握することから始まります。

    次にデジタルモデラーがマケットをデジタルスキャンするなどしてバーチャル3Dモデルにします。点と点をつないだ“デジタルワイヤーフレーム”になった最終の状態を“3Dモデル”と呼びます。

    01_MODELING
  • ©Michael Malyszko

    リギング

    デジタルリグで動く

    キャラクターに仮想の骨や関節、筋肉をつくるのがリガーの仕事です。

    例えば、腿を上げたときに膝が自然に曲がるように“リグ”でキャラクターの体の「パーツの動作」を決めます。

    アニメーターがキャラクターのポーズを簡単かつ効率的につくるには、リグの数・場所・曲がる角度などが適切につくられている必要があります。

    02_RIGGING

SNS

TICKET & ACCESS

「PIXARのひみつ展 いのちを生みだすサイエンス」のチケット、アクセス、開催概要などの
情報はこちら

TICKET

PIXAR FAN FUN

ディズニー公式サイトはこちら