「マーベル展 時代が創造したヒーローの世界」東京展は閉幕しました。
ご来場ありがとうございました。
展示構成
「マーベル展 時代が創造したヒーローの世界」は、数多くの魅力的なヒーローや作品を生み出し、多くの文化や人々に影響を与えてきたMARVELの魅力を、日本初公開となる貴重な資料、衣裳や小道具など約200 点を通して紹介する大型総合展です。

本展覧会は、『HISTORY』、『HERO』、『CINEMATIC UNIVERSE』、『ART』、『CULTURE』の5つの視点から、マーベルが辿ってきた歴史や、多くの人を魅了する作品を生み出し続ける秘密を紐解く構成となっています。


※会場内の展示品やフォトスポットは、混雑時変更になる場合があります。

海抜250mからの景色をバックに、高さ5mの日本初公開アイアンマンがお出迎え!日没後はライトショーも実施します。 コミックをイメージしたゲートも登場します!
 © 2017 MARVEL © 2017 MARVEL
ヒストリー
「マーベル・コミックス」 #1(1939年)
マーベルの創成期はコミックブック出版のブームが興隆した1930年代に遡ります。マーベルの前身であった出版社、タイムリー・コミックスが1939年にアンソロジー・コミック誌『マーベル・コミックス』の第一号を創刊したのが、事実上のマーベルの始まりだと言えます。その後すぐに『キャプテン・アメリカ・コミックス』が誕生し、第二次世界大戦を背景に大変な人気を集めました。

戦後はスーパーヒーロー・ブームが一時的に低下したものの、コミックの出版は続けられていました。そして、スーパーヒーロー・コミックス文化が新時代を迎えた1960年代、1961年の『ファンタスティック・フォー』を皮切りに、現在活躍するスーパーヒーローたちが続々と生み出されていきました。

ここから大きく躍進を始めたマーベルは、年ごとに出版物を増やし、新しいメディアに進出し続けて、今日の私たちが知る姿となりました。こうしたマーベルの歴史をご紹介します。

ヒーロー
マーベルがつくり出す広大な世界には、たくさんのスーパーヒーローたちが住んでいます。その人数は数千人にものぼりますが、彼らの誰ひとりとして同じではなく、それぞれに違う個性を持っています。他人とは違う力を駆使し、それぞれの戦いに挑み、悩みや喜びなどが詰まった日常を生きています。ここでは、そんなスーパーヒーローたちの戦う姿と日常の姿を、彼らがおもに活躍する三つのフィールドからご紹介します。

まずは「コズミック&ミスティック」。コミックならではのSFやファンタジーの要素を含んだ壮大な世界観の中で活躍するヒーローたちを紹介します。そして「グローバル」。地球を守るために国際的に活躍するヒーローたちを紹介します。最後に「ローカル」。街の住民たちを守る、地元に愛されるヒーローたちです。どこを拠点にしていても、人々を守りたいという意思は同じ。誰もが特技を活かし、お互いに協力し合いながら活躍するヒーローたちの姿をご紹介します。

キャプテン・アメリカ
コンセプトアート
「アメイジング・スパイダーマン」
#65(1968年) 原画
アイアンマン アーマー

カルチャー
マーベルのパワフルなキャラクターたちとストーリーは、コミックにとどまらず、あらゆるジャンルに浸透しています。さまざまな種類のトイ、アニメ、ゲーム、TVドラマ、舞台、アトラクション、そして映画。マーベルのスーパーヒーローたちはどの時代においても常に新たなる活躍の場を見いだし、そのたびにさらなる発展を遂げ、ファンを魅了してきました。こうしてマーベルがさまざまな分野に及ぼした影響は波のように広がり、さらに大きなうねりを作り出して現在に至っています。ここでは、バリエーション豊かなジャンルへの展開の中でマーベルがつくりだしてきた世界、そして、マーベルが他のカルチャーに与えた影響をご紹介します。また、とりわけ日本では独自のマーベル・コンテンツが数多く展開されてきました。日本とマーベルとの関係の中で生まれた作品などをご紹介します。

シネマティック・ユニバース
75年以上の歴史のなかでマーベルが心がけてきたのは、たとえスーパーパワーを持つキャラクターたちが活躍する物語であっても、常に時代を反映し、身近な光景の中で繰り広げられる現実味のあるドラマを描くことでした。現代においても、その原則が変わることはありません。

マーベルスタジオ ロゴ
テクノロジー、世界情勢、人々の考え方……目まぐるしく変わっていく現代という時代を反映して、ヒーローたちはどのように変わっていったのか?そして同時に、変わらぬ信条をどのように保ったのか?ここでは、そんなマーベルのヒーローたちの現代における姿を、近年多くの映画作品を制作しているマーベル・スタジオによるマーベル・シネマティック・ユニバースという世界観を通じてご紹介します。

アート
マーベルの長い歴史の中で、ファンを惹きつけてやまなかったのは常に「ストーリー」でした。コミックの場合、ストーリーとは文字で書かれた脚本のことだけを指すのではありません。キャラクターたちの心の動きや、華麗なアクションなど、すべてを絵で表現したコミック・アートも含めて「ストーリー」なのです。マーベルでは大勢の優れた才能を持つアーティストたちが作品を手がけ、日本で“アメコミ風”と呼ばれるようなデザインだけではなく、革新的な表現スタイルが編み出されました。いつの時代も、マーベルのアートは世界中の読者を驚嘆させ、魅了してきました。このセクションでは、有名アーティストたちによる作品を始め、日本の漫画家・イラストレーターたちの手によるマーベルのアートをご紹介します。
「キャプテン・アメリカ」 #22(2014年)
75周年カバー・アート
「アメイジング・スパイダーマン:
リニュー・ユア・バウズ」 #4(2015年)
マンガ・バリアント・カバー・アート

※画像と実際の展示品は異なる場合があります。
 

TOP